阪神高速技研 リクルートサイト 阪神高速技研 リクルートサイト

工事の計画から
最終検査まで、
さまざまな現場を廻り、
すべての工程を
チェック。

工事の計画から最終検査まで、
さまざまな現場を廻り、
すべての工程をチェック。

土屋 良太

施工管理室
(2013年入社 土木系

役割

緊急工事と計画的な工事で
高速道路を維持管理。

規制工事には大きく分けて2つの工事があります。ひとつは安全な走行の妨げとなる道路状況が突発的に発生した場合の緊急工事。そしてもうひとつは、大きな損傷を未然に防ぐための計画的な補修工事です。阪神高速技研では、計画的な補修工事の工事管理を行っています。高速道路は走行する車の速度が速いため、小さな損傷や異常が大きな事故につながる場合もあるため、規制工事によって安全・安心・快適な道路を維持管理しています。

イメージ

現在の仕事

イメージ

工事に携わる多くの人とコミュニケーションをとり、
現場を円滑に動かすことが工事管理の責務。

施工管理室では、工期や予定を定めた工事の計画を立て、自治体や警察への申請、工事管理、立会検査などを主な業務としています。常に阪神高速道路(株)や実作業を担当する受注者と打ち合わせを重ね、綿密な計画に基づいて工事を実施。施工管理室は工事の計画段階から最終仕上がりのチェックまで全工程に携わり、業務を行っています。

私は現在、トンネル内の内装板を撤去してドライバーの視認性を高めるために、壁面を白く塗装する工事を担当しています。トンネル内の作業は危険性が伴うため、計画もより入念に立てることが責務となります。また、橋梁の耐震補強工事も担当しています。これは一般道の交通量の多い都心部での工事で神経を使うことも多々あります。このような工事においても現場を動かすためには多くの人とのコミュニケーションが不可欠で、それが職務遂行の重要な鍵となります。

1日のスケジュール

  • 08:50

  • 出社
  • 09:00

  • メールチェック、本日の作業確認
  • 09:30

  • 立会検査(伊丹トンネル 内装板撤去)
  • 11:30

  • 書類確認(材料検査)
  • 12:15

  • 昼食
  • 13:00

  • 打合せ
  • 14:00

  • 立会検査
    (岸和田大橋 長大橋等改良工事)
  • 15:30

  • 書類確認
    (報告書、提出書、施工承諾等)
  • 17:00

  • 明日以降の作業の確認(打合せ)
  • 17:40

  • 退社
イメージ

やりがい

現場から現場へと駆け回り、
さまざまな条件下で業務を遂行する醍醐味。

私はキャリア採用で入社し、前職ではゼネコンに勤務していました。その時と比較すると、さまざまな現場を経験できることがひとつのやりがいとなっています。現在は4件の現場を担当しているので、工事が動き出すと検査・打ち合わせ・立会・書類チェックが重なることがあり、多忙を極めますが、それでも阪神高速道路(株)や受注者のメンバーと連携して業務を進行することは、この仕事の醍醐味でもあります。今後はジョブローテーションによってさらに多くの部門の経験を積み、知識や技術を身につけ、仕事を総括的にこなせるようになることが目標です。発注者・受注者の双方の立場に立ち、調整役を行うことも阪神高速技研の大切な仕事であると考えます。

休日の過ごし方

キャンプをしたり、バイクに乗ったり、アウトドアで過ごすことが好きです。4匹の愛犬とともに散歩したり、遠出をすることもかけがえのない時間。ときには犬と一緒にキャンプに出かけることもあります。

休日の過ごし方