阪神高速技研 リクルートサイト 阪神高速技研 リクルートサイト

阪神高速グループ全体の
業務システムやサーバの
構築・保守を担う

阪神高速グループ全体の
業務システムやサーバの
構築・保守を担う

落合 俊介

システム事業本部
(2015年入社 システム系

役割

ホームページや業務システムのサーバから、
ネットワーク構築、セキュリティまでを担当。

システム事業本部は、阪神高速グループが利用するほぼすべての業務システムの企画・運用・保守を行う部署です。その中で私が担当する調査インフラグループでは、業務システムやホームページに関わるサーバ及びネットワーク、セキュリティを主に担当。ファイルサーバやグループウェアといった一般的なものから、例えば高速道路の保守管理を担う当社独自のシステムまで、すべてのシステムの土台となる仕事を手がけています。

イメージ

現在の仕事

イメージ

日々の保守管理をはじめ、サーバの
リプレースの提案、構築も手がける。

システムやサーバの稼働状況をはじめ、エラーや障害などの発生状況、外部とのネットワーク通信の履歴など、様々な情報がログとして記録されます。専用のチェックツールを使い、それらのログをパソコン上で確認、分析するのも私の役割です。例えば、海外から不審なアクセスが来ているとそれがどういった類のものなのか確認しますし、エラーが出ていれば原因を追究し、復旧作業に当たります。サーバが止まると関連する業務に携わっている人の仕事に影響が出てしまうので、大きなバグが出た時などは夜通しの作業になることも。大変ですが、その分やりがいも大きな仕事です。
また、サーバは耐用年数が過ぎたものは取り換え、再構築(リプレース)する必要があります。過去5年のデータの増加具合などから、今後必要とされる容量などを算出し、予算を考慮しながら、新しく加えるセキュリティ機能などと併せて、リプレースの中身を提案、実行する業務も手がけています。

1日のスケジュール

  • 08:30

  • 出社
  • 08:35

  • サーバ稼働確認
  • 09:00

  • 進行プロジェクトに関わる資料作成及び作業
  • 10:00

  • サーバ容量調査
  • 12:00

  • 昼食
  • 13:00

  • サーバ構築
  • 15:00

  • 新規ソリューションを調査
  • 17:30

  • 進行プロジェクトに関わる資料作成及び作業
  • 19:00

  • 明日業務準備
イメージ

やりがい

自分が構築したサーバやシステムが、
多くの人に使われていることを日々実感できる。

料金収受や保守管理のシステムなど、高速道路には様々なシステムが導入されています。そうした独自のシステムを手がけられるのが入社のきっかけにもなりましたが、常に新しい知見を吸収しながら、これまで紙でやっていたものをデジタル化することで作業効率を高め、ひいてはドライバーのみなさんの安心・安全に貢献できるのが仕事のやりがいになっています。
実際に自分が構築したシステムやサーバは、日々上がってくるログを見ることで、その動きを確認することができます。自分が手がけたものが多くの人に利用されているのが単純にうれしく、その動きが目で確認でき、ユーザーの反応がすぐにわかるところも仕事の面白さになっています。

休日の過ごし方

休日は、仕事のことを考えずに自転車を乗りながら目的地も決めずサイクリングしています。朝6時ごろから夕方ぐらいまでが多く、サイクリング中に見つけたラーメン屋を巡ったりしています。

休日の過ごし方