経営ビジョン

自由な発想と創意工夫を活かしたコンサルティングを通じて、安全・安心・快適な交通ネットワークの実現に貢献します。 自由な発想と創意工夫を活かしたコンサルティングを通じて、安全・安心・快適な交通ネットワークの実現に貢献します。

当社は、阪神高速グループの一員として、主として高速道路に係るコンサルティングを行う会社として、2009年4月に設立されました。

以来、高速道路に関する土木構造物、電気設備、機械設備、建築設備に係る設計・積算、また交通安全対策等に資する交通分析やグループ全体の業務支援系システムの開発・管理、施工管理技術支援など、多岐にわたる業務を行ってきました。

これまで培ってきた技術・ノウハウを活かして、地域社会への貢献を念頭に、役員・社員一丸となり経営理念の実現に取り組んでまいります。
今後とも、皆様の一層のご理解とご指導を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

阪神高速技研株式会社 代表取締役社長 川北司郎

ビジョン(将来ありたい姿)

10年後の目指すべき将来像 未来へ繋がるコンサルティングを担う強靭な技術者集団

ビジョンの考え

わたしたち阪神高速技研株式会社は、日々変化し続ける社会環境に柔軟に対応し、お客さまから最も信頼されるパートナーとして、関西の明るい未来に繋がるように高速道路に係るコンサルティング事業を中心とした企業活動に取り組みます。
そのため、これまで高速道路に係るコンサルティング事業で培った技術・ノウハウを蓄積・継承しつつ、社員一人ひとりが創造性を発揮し、社会に貢献する強靭な技術者集団を目指して、日々進化し続けます。

ページトップへ